読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an Undergraduate

はじめに

この記事は

eeic (東京大学工学部電気電子・電子情報工学科) Advent Calendar 2016 - Qiita

に向けて書いたものです。

さてB3の皆さんはそろそろ研究室配属の季節ですね。 B4以上の方にとっては懐かしく思い出されるかと思います。

研究室配属は、それまでともに学んできた電気系の仲間と別れ、 それぞれ別の道を歩き始める時。 大げさに言えば、その後の研究人生、あるいは企業でのキャリアの第一歩です。

後輩たちが悔いなき選択ができるよう役立ててほしいという建前と、 主に僕自身の経験と考えを一旦整理したいという欲求のため、 今回このような記事を書きました。

※どう考えてもQiitaにそぐわない記事なのではてなに書きました。

研究室を評価する

研究室選びにおいては、大きく2つの評価項目があると思う。

1.興味

そもそも自分はどの分野に興味があるのだろうか、と考える。 電情に所属し、デバイスや高電圧に全く興味がない人は、 弊研のことを調べたり選択肢に入れたりしないだろう、という話だ。

各研究室のテーマや研究内容は、 もらえる資料や研究室のHPを見ればだいたい詳しく書いてある。 あとは3号館1階にポスターが貼ってあるのでそれを見てもいいと思う。

「評価」という観点で考えるならば、 その研究室のテーマにどれくらいビビッと来るか、といったところか。 あるいは、自分はもともとこういうものに興味があって、 そこに向かう道としてちょうど良さそうだぞ、なんていうのも評価が高くなる。

2.環境

環境と一口に言っても色々ある。 机はもらえる?コアタイムはあるのか? テーマは虚空から降ってくるのか、それとも自分で見つけるのか? 研究室はチャラウェイオラツキなのかオタクなのか、どっちだ? そもそも研究室は本郷?浅野?柏?

調べたり、研究室見学に行ったりすれば、きっとすぐわかるだろう。

とはいえ実際に研究室に所属してみないと、研究環境なんてものはわからないから、 この項目は「評判」とも言いかえられるだろう。 その研究室に所属している先輩は、どんな研究室生活を送っているかのだろうか。

Twitterで「つらい」しか言わなかったり、 教授や先輩についての愚痴ばかり言っていたりしないだろうか。 逆に、何日も研究室に行かずバイトしたり遊んだりしてばかりの人もいるかもしれない。 この辺は電気系と情報系の研究室で違うと思うから、そのへんも加味して考えてほしい。

その人がつらいのは、研究がうまくいかないからなのだろうか。 それとも、先輩や教員といった環境に振り回されているからなのだろうか。 あるいは研究に関係する、あるいはそれ以外の、タスクに忙殺されているのだろうか。

もし接点がある先輩なら、ちょっと突っ込んで聞いてみるといいだろう。 「貴研に興味があるんですけど……」とリプライ話しかけてみたら、 大抵の場合は詳しく答えてくれるんじゃないだろうか。 縦断忘年会も、そういう意味では貴重な機会になる。

閑話:情報系と電気系:時間的拘束力

僕の所属は電気系の研究室で、大きな装置が一つあって、 そこにそれぞれのチームが計測系を取り付けていろいろ測る、みたいなスタイルで 研究が行われている。

装置を共有している研究室では、メンバー同士の予定を合わせて実験する必要があるため、 コアタイム(この時間帯は研究室にいること、となっている時間帯)がある場合もある。 分担で降ってくるタスクもそれなりにあるかもしれない。

一方、情報系だと、完全に個人作業の研究室もある。 1人が1つのテーマを持ち、自分のペースで開発を進めるから、 ミーティングがないとラボにも行かない、なんて人も見かける。

僕が知っている範囲の話で、もちろん研究室によって異なるとは思うが、 電気系のほうが時間的に拘束されるのではないだろうか。

研究室を検討する

あとは、評価をもとにどの研究室に志望を出すか検討するだけ。 ここでは、「興味」と「環境」のどちらを重視するか、それだけである。

  • B4の1年間なんて、修士の2年、博士の3年に比べたら微々たるものなので、環境を重視する。
  • 就職したいので、B4では楽がしたい。環境を重視する。
  • 俺は自分の興味を貫く。興味を重視する。

など、極端な例はこんなところだろうか。 まあその中間というか、「興味で絞って環境で順位をつける」とか、 その辺の人が多いのではないだろうか。

僕の場合の話

そもそも

僕は電気系に来た時点で、興味のある研究分野が定まっていた。 というかその分野に進みたいから電気系にやってきたのである。

そして研究室配属に際して、そんな僕が取れる選択肢は1つしかなかった。 当該分野の研究室は、現在僕が在籍している、この研究室しかなかったのである。

そう、僕の研究室選びは、戦う前に決着していたのだ。 〈完〉

というわけにはいかないので

以下、個人の感想と意見になる。

つまるところ、僕は研究室を「興味」一辺倒で選んだのだ。 第二希望以下は、授業を受けていて興味があるなと思ったところを中心に幾つか選んだ。

先ほど、「B4の1年間なんて短いんだから、できるだけ楽なところを選んだほうが良い」という 意見をサンプルとして挙げたが、僕は逆だと思う。 B4の1年間なんて短いんだから、できるだけやってみたいところに行ったほうが良いと思うのだ。

卒論配属はキャリアの第一歩、と述べた。 逆に言うと、卒論配属の結果が、その後の人生に大きく影響してくる可能性もあるということだ。 人生の進路を決めるなら、自分の興味で選んだほうが楽しそうじゃないだろうか。 ちょっと興味あるな、という分野にのめり込んで、いつの間にかその道の権威になれるかもしれない。 あるいは途中で興味を失っても、就職できっと分野は変えられる。 弊研の先輩たちは、研究分野とはあまり関係ないところに就職していった。 だから、興味重視で検討するのも、言うほどリスキーではないんじゃないか、と思うのだ。

B4の「たかが1年」だもの。好きなことやろう。

おわりに

など偉そうに言ってきた。 あまり内容はないし、役に立ちそうにないが、随筆だと思って読んでもらえたら幸いだ。

まああの、僕を知っている人ならわかると思うんだが、 今年一年間(まだ終わっていないが)の研究室生活はマジで厳しかったしつらかったししんどかった。 それでも、自分の興味のため、やりたいことのためにここを選んだのだ、と思えば、 ギリギリ堪えられた。あと3ヶ月もギリギリ堪えていきたい。

僕は来年から違う研究室に入る。 今度は、修士と、うまく行けば博士もここで過ごす。 また、学部で配属されるよりも興味がある分野の研究室の幅が広がった。 以上から、僕は、今回は環境(具体的には教授の評判)もだいぶ加味して、研究室を選んだ。 今度はもう少しマシな研究生活が送れることを祈っている。

sshに関するあれやこれや(自分用まとめ)

最近

ブログにかけないような仕事も増えてきた。 研究がしたい。仕事はしたくない。

SSH接続

SSHして色々やる機会が増えてきたので、メモ程度にいろいろまとめたい。 特にsshfsまわり。 この辺とか参考にしてる。

qiita.com

マウントするには、まずディレクトリを作って、そこにマウントさせる。

$ mkdir mountpoint

$ sshfs [user]@[hostname]:[path_to_dir] mountpoint

はずすとき。

$ diskutil unmount mountpoint

ぶっちゃけこれだけなんだけど忘れるからな。

その他SSHに関するコマンド

SSHでリモートとローカルでファイルコピーするやつ。

むこうからこっち。

$ scp ユーザ名@リモートのホスト名:コピーしたいリモートのファイル ローカルのコピー先

$ scp user@remoteHost:/home/user/test.txt /local/path

こっちからむこう。

$ scp コピーしたいローカルのファイルパス ユーザ名@リモートのホスト名:保存したいパス

$ scp /local/test.txt user@remoteHost:/home/user/tmp/

参考。

qiita.com

週末も土方仕事や最上川

先週後半にしたこと

ついにプローブ(プラズマ中に突っ込んで測定をするガラス管)の試作ができた。 まだこれの中に入ってるたくさんのコイルから引き出した線を同軸ケーブルに接続する作業がある。 しかし板に穴を開けてBNCコネクタを並べるため、これをやるにはドリル使わなきゃいけないので、 まだ実は作業しちゃいけない。

試作を中断し、データ取り込み周りの整理を開始した。 10年前に作られた取り込み系はたいへん扱いづらいので、自分の好きなようにやらせてもらっている。 Pythonでデータを区切ってリストに放り込むだけなので、一応土曜までに出来た。 あとは信号と位置の対応を取れるようにするのと、点間の補完を出来るようにすること。

土曜日

朝から昼過ぎまで業者さんの手伝い。クソ重い装置をクレーンで運んだりとか。 夕方からはバイトに行った。 進捗特に無し。

日曜日

三味線の稽古だった。久しぶりだったのでしんどかった。 とりあえず今年は2曲タテ、1曲ワキで唄うことになった。卒論がクソ忙しいであろう時期に、責任持って唄いに行かなくてはならないのは今から憂鬱だが、実際今年はメンツが足りないところがあるので仕方ない。 サークルとか言うのは早々にやめておくべきだったかもしれない、なんてことを思うくらいには憂鬱だ。

今週は

新領域の出願。忘れずに。

この世で最もロマンチストな生き物は科学者

らしい。

進捗

Tokamaks(邦題:トカマク概論)の第一章を読んだ。英語の長いのを読んだのは久しぶりで辛かった。 内容をまとめるのはちょっと厳しいが、トカマクとは、自己点火条件、トカマクの構造、経済性、過去の研究、みたいな内容。 過去の研究と言っても本当に過去で80年代くらいまでっぽい。

ラボにある日本語版はこれより版が新しいので、あんまり訳す参考にならなかった。 自主ゼミの発表用に読んだんだが、発表資料とかいらないって言われてるし、一体何を発表すればいいのかよくわかんない。

長唄

京鹿子娘道成寺のワキ唄に就任。今年はあと吉原雀のタテ唄もやる。 ちなみにタテはリーダー、ワキはサブリーダーを意味する。 院試も研究もあるからこれ以上タテワキとるのは無理っぽい。 だが2年、3年で人に合わせて唄う経験をあんまり積まなかったせいで、それがとても苦手な意識があるのが、つらい。 去年みたいに新入生を唄にどひゃっと乗せてワーワーやるのは、結構クオリティが上がりにくくてつらいところがある (実際去年はしんどかった)。

三味線

おねだりShall We〜?を三味線で弾いてみた。サビだけだが。

スマホ直撮りなので音質画質ともお察しだが、まあTwitterにあげるだけなので十分でした。 やっぱり単音なのが寂しいな。音が続かないせいで音のない空白の瞬間があるのもつらい。 後者に関してはバチを使わずピック(のようなもの)を使ったこと、普通の駒でなく忍び駒という響きを抑えるやつを 使ったことが原因。集合住宅は辛いよ。

フル版弾けるようになりたいです。

進捗というか進学

すでに決まっていること

先週までに受験を考えている大学院全ての説明会を終えたので、それの報告と今考えていることをまとめる回。 自分の思考整理の意味合いが大変強い。

すでに決まっているのは、大学院に進むこと。

概ね決定しているのは、博士まで行くこと。そして、その後は研究職に就きたいということ。 分野は核融合がいいということ。

進路いろいろ

電気系

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻。

ひとつ目、本郷が拠点であること。現状の生活を大きく変更する必要が無い。友人も多い環境で過ごすことが出来る。上野、秋葉原など、大きな駅というか街も近い。

ふたつ目、経済支援。リーディング大学院とかいろいろ、修士のうちから数万〜十数万円の支援がもらえるらしい。正直大学院行ったら(特に教育産業やドカタなどの)バイトをしたくないので、この辺は大変重要なことだ。

みっつ目、表裏一体だが、実家ぐらしである可能性が大変高いことだ。一つ目にも通じる。一応電気系に在籍して柏の研究室、という選択肢もあるのだが、毎週毎週朝からこっちにくるのはだるい。

よっつ目、研究室の問題。今いる研究室ないしそれと共同運営の柏の研究室に所属することになるだろう。これが最大のネックで、正直あちこちの研究室を見学した今、ここにいても俺のやりたいことはできないという感情が強い。現状も大変クソみたいな日々を送っている(失言)ので、ちょっともうここにいたくない気持ちがある。

新領域

東京大学大学院新領域創成科学研究科基盤科学研究系先端エネルギー工学専攻。長い。

ひとつ目、東大である。東大でありながら、今の研究室より俺が思い描くやりたいことに近い研究が出来る研究室がある。もうこの事実だけで今の研究室を志望する動機がかなり薄らいでしまった。だって炉工学やってますって言われたら、心が動いてしまう。

ふたつ目、柏である。実家を出られる上に電車一本で秋葉原。交通費高いけど。関東圏に一人暮らしできるのはアド。逆に一人暮らしには不安が大変あるので、そういう面でちょっと怖い。

みっつ目、経済支援のなさ。担当の教員に直接聞いてみたけど全然ないみたい。前述のとおりバイトはしたくないので、どうしようかといったところ。一人暮らしだと確実に出費は増えるので。

岐阜

総合研究大学院大学物理科学研究科核融合科学専攻。

ひとつ目。核融合の研究をしてる機関の中にあるので、もう周りは全部研究者だ。ガチの設備で研究ができる。東大の設備とか比較にならない。ただし大きい組織の一部なので当然研究の自由度は落ちるだろう。でも学生教員比が1:10とかになるのは魅力である……。

ふたつ目。岐阜。遠い。山の中。一応、電車で30分くらいで名古屋だが。全然違う環境に一人で住むことになる怖さはある。さらに研究所までバスで20分、そのバスは1時間に1本という、まあ田舎である。最低でも原付がほしい、学生に話を聞いたところ諦めて中古車買ったとか言う人もいた。

みっつ目、経済支援は意外とある。修士でも数万円もらえるっぽい。家賃も安いし、多少余裕がある(といいなあ)。

よっつ目、博士五年一貫課程である。入ったら最後、博士まで。一応博士に進むことはほぼ決定しているので問題はない。が、たとえば博士から民間就職をしようと思ってしまったりすると、ネームバリューのなさがつらそうだ。今考えている道を真っ直ぐ歩いて行くことが、ここに進学すると完全に決まってしまう。そういう怖さがある。

まとめ

色々書いたがどこに行くのも怖いということだ。出願までそんなに時間が無いので、たぶん全部出すだろう。どこに進むか決めるのは、9月になる。それまでにまたいろいろ考えたい。

また、進路についていろいろ考えてて偉いだとか、そこまでしてやりたい研究があってすごいだとか、色々言われたが、俺はただ思考停止しているだけで、また考えるだけなら誰にでもできるので、そんなにすごくも偉くもない。以上だ。

核融合実験施設の安全

飽きた

入門読むの飽きたので、ちょっと違うのを読んでみようかなって。

タイトルは、核融合施設における安全解析研究の現状。安全.pdfである。 学会誌の記事だから厳密には論文じゃねえのかなあ。どうなのかなあ。 たぶん論文だな、うん。

1.はじめに

安全研究の目的は、核融合炉の安全を確保しさらにその安全性を高めること。

この論文は1997年のものだから情報は少し古いが、 「核融合炉の安全研究の目標」「核融合炉の特徴を考慮した安全確保の方法」 「具合的な安全解析研究課題」「現状」「核融合全総合評価システム」 について述べるらしい。

2.概要

安全性の目標

ITERを念頭においている。

まず実験炉の安全性の目標について。

  • 周辺公衆及び作業従事者の放射線被ばく線量を許容値以下とし、
  • さらに合理的に可能な限り低く抑えること。

原型炉以降については(商業化を見据えて、実際に作るとしたらこんな感じ!って作ってみるのを原型炉といったはず)

*さらに都市近郊に立地可能にする

どうも放射線にばかり触れている気がするが、実際それ以外って別に外に出ていくもので困るものあんまり無いような気はする。

安全性の特徴

安全性の、ってか核融合炉の、って感じがある。 どうも常識のように書かれている部分があるが、まあ僕も初耳だったりするけど、とりあえずそのまま列挙。

  1. 核融合出力はプラズマ圧力が磁気圧力を下回る範囲に制限される。 プラズマ圧力=プラズマの温度と密度の積。磁気圧力=磁場の二乗。 この性質により、核分裂が連鎖的に進展して制御不要となることはない。 よって核反応停止機能はそんなに大事じゃない(核分裂炉では超大事)。

  2. 核融合反応に伴い放射化される構造材の崩壊熱は、核分裂炉の 炉心の崩壊熱と比較して格段に低い。 よって、崩壊熱を除去する機構の重要度がそんなに高くない。

  3. 燃料の供給、回収、精製をプラント内で行う。 そのためトリチウムが比較的大量に分散して存在し、閉じ込め機能の維持が重要となる。 D-T核融合の燃料はD=重水素とT=トリチウム三重水素)。トリチウム放射性物質だ。

  4. D-T反応では中性子が出てくる。これにより構造材が放射化される。 その崩壊熱は小さいものの放射線レベルは高いので、保守修理は遠隔操作。 また放射化されるものは大部分が構造体の中にあるので、動かさなければ飛散・放出の可能性は低い。

とまあこういう具合で、核融合炉の安全確保で大事なのは 「トリチウムを閉じ込める」ことであるとわかる。

まあそうなってくると、こういうような記事

危うい「地上の太陽」 核融合発電 岐阜・土岐市で実験 東京(中日)新聞特報2013.02.07:れんげ通信ブログ版

がいうことも的外れというわけではないのである。 横道に逸れないうちに、次の話に進む。

考え方

大量の放射性物質トリチウム)が広く分布することが想定される。 このため、当面は普通の原子力施設での考え方が基本とされる。 ただまあこの論文は3.11よりずっと前のなので、ちょっと時代にそぐわないところがあるかもしれない。

まず通常状態では、放射線被ばく線量は合理的に達成できるかぎり低く抑える。 通常を逸脱するときは、異常状態にならないように頑張る。異常状態になってしまったらその拡大防止を頑張る。 拡大しちゃったらそれを緩和するように頑張る。 以上だ。

……というわけにもいかない。具体的にはどうしよう。

まず、多重に閉じ込める。 一次閉じ込め障壁としては真空容器とトリチウム燃料循環系。 二次閉じ込め障壁としてクライオスタット、グローブボックスなど。 こいつらは真空容器を覆う容器、という捉え方で良さそう。

次に、建屋も閉じ込め障壁だよ、という考え方。漏洩率を一定以下にして、 最終防衛ラインとしてそこそこの閉じ込め機能を持たせておく感じ。

最後に、トリチウム浄化系などを設置するということ。 多量のトリチウムが放出されることがないように、トリチウム貯蔵系は分離してやる。

こういう考え方を元に設計してやって、さらにそれを評価してやらんとね、ってのが今後の課題としてあげられています。

まあおおまかにこんなもんで。あとは近況。

いちおう中身は把握した(あとは事例っぽい)ので、まとめはここまで。近況とか。

IIS-LABでジャブとか始めてごめんなさい。人がいない時にやります。

obenkyo をどうしようかね。どうするんだろね。みんな忙しいかもね。

WoTに前川みくボイスmodを導入した。しばらくやってなかったけどまたやりたい。

あらゆる創作活動から離れてそろそろ2週間か3週間位経つ。 謎の焦りとの戦いだがしばらくそっち方面を放置したい。 趣味の創作は追いつめられてするものじゃない。 こころと時間に余裕ができたら、また、書きたい。

今日はこれまで。

近況を報告するなど

おとといくらいからラボでしたこと

光ファイバー(プラスチックファイバーを被膜したやつ) の被膜を剥いて先端にコネクタを接着していく作業。 一日半かかりました。

今日はどうやら、光ファイバーの研磨とかそういう作業をするみたいです。 座って論文読んでるより俺は性に合ってる(これは研究者に向いてないことを意味しそう)。

それからデュアルディスプレイ化を実現しました。 論文読むの捗ってますが、作業があってあんまり読めてない感じがある。 基本的すぎてあんまりおもしろくないし、まとめるのもどうかな……って思いつつあります。

朝ラボに行ってコーヒーを淹れてPC作業するのが日常になりつつある。

運動

昨日。サバットに行った。 サバットは「フランスのキックボクシング」。 エクササイズとしてのサバット講座みたいなもんで、グローブつけてパンチしたりキックしたりする。

めちゃくちゃ疲れるが、運動!って感じがしていい。筋トレと平行して、できるだけ続けたいところだ。

やりたいこと

アニマス鑑賞会はやった。

ではデレアニ鑑賞会はどうだ。 やりたいぞ。

内容がないよう。今日はこれまで。